阪神41歳・能見1球で降板「ちょっと明日は厳しい」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆阪神4-3ヤクルト◆
阪神・能見に打球が直撃、わずか1球で緊急降板した。

2-2の同点の七回、先発・青柳が無死二、三塁のピンチを背負いながら二死までこぎつけたところで、矢野監督が2番手・能見を告げると、甲子園のスタンドはどよめいた。前日、無失点で終えたとはいえ制球に苦しんでいたためだ。

ただ、この日は山崎が初球を打ってピッチャー返し。取り損ねたボールを拾って投ゴロでチェンジと思われたが、ボールが手につかず、適時失策となった。能見はそのままマウンド付近で立ち上がれなくなり、トレーナーが駆け付けてベンチへ。結局、そのまま交代となった。

矢野監督によると、打球が当たった部分に腫れがあるといい「明日(4日)にならないと分からない。ちょっと明日は難しいかな」という状態だという。

打球が当たった個所も心配だが、それ以上に打球処理の際の足のもつれが気になった。最年長投手をシビアな場面で使いたいなら、もう少し休ませることも必要だろう。

文・写真/BBNEWS編集部

◆能見篤史
背番号 14
カナ ノウミ・アツシ
出身校 鳥取城北
誕生日 1979年5月28日
年齢 41
血液型 AB
身長 180
体重 74
所属履歴 鳥取城北-大阪ガス
キャリア 16年
投打 左左
ドラフト年度 04
ドラフト順位 自
公式戦初出場 05年4月3日ヤクルト=大阪ドーム
年俸 9500万円
昨季年俸 1億1000万円
タイトル (振)12
家族 既婚

関連記事