阪神4位浮上に矢野監督「そのあたりも気にしてますけど…」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神

◆阪神4-1中日◆
阪神が中日を競り落として4位に浮上。矢野監督は粘投の青柳を讃えた。

勝利監督インタビューは以下の通り。

――青柳が好投
「もう申し分ないですし、青柳らしく低めにしっかり投げ切って、そしてゴロ打たせて、堂々とバッターに向かっていくピッチングをしてくれましたし、7回までいってくれたのも大きいです」
――安定感は抜群
「いやもう、安心してみてられますね」
――サンズがいいところで
「そうですね。ラッキーな形でつながりましたけど、あの2点はやっぱり大きいですし、サンズもね、そういうところで打ってくれるの期待して来てもらってるので、ああいう場面をどんどん作って、サンズに返してもらいたいですね」
――これで5試合連続ヒット
「そうですね、だいぶ落ち着いてやっていますし、中身、内容もよくなってきてるので、ますます楽しみになってきました」
――糸原の七回の適時打
「そうですね。追加点がなかなか入らない中でね。どうしてもムードというか、流れがなかなかこっちに来てない中での、あの1点というのは、本当に大きかったんで。ケント(糸原)らしく、本当にしぶとくね、いいヒットでした」
――猛打賞
「そうですね。打つ方は上がってきたんでね。あとは走塁を頑張ってくれたらなと。サンズの当たりでも、あの走塁ではちょっと寂しい。攻走守全部で引っ張っていってもらいたいです」
――4位浮上 
「もちろんそのあたりも気にして戦っていますけど、ボクら目の前の試合を全力で戦っていくというのが一番やれることなので、明日も、その気持ちで戦っていきます」
――明日に向けて
「今言った通りで、明日、めいっぱい戦っていきます」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事