阪神25年ぶり屈辱に「プロじゃない」3連続完封負け

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆巨人2-0阪神◆
阪神は巨人戦では1995年7月以来25年ぶりの3連続完封負け。

試合後、矢野監督は「何とも言いようがないけど、やりたいことをやられた。受け止めるしかないと思っています」と話した。

「2試合、流れ的によくないので」と、サンズを四番、大山を六番に入れたが、効果はなかった。七回は無死一塁、一死三塁、二死満塁とチャンスがありながら無得点。

「結果だけ見ればそうなるんやろうけど。思いを結果にしていかないと、プロじゃない。自分たちで、流れを変えていくような試合をしていくしかない」
それが出来ないから完封されている訳である。

巨人・原監督は「25年ぶりという、25年前もあったことですから、勝負の世界というのはそういうこともあるでしょうけれども、たまたまというところで。我々はまた明日からも気を引き締めて」

巨人は阪神に8勝2敗。弱すぎて拍子抜けしているに違いない。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事