阪神2位転落「見たら分かるやん」矢野監督、拙攻にプンスカ

NPB(プロ野球) 阪神 中日

◆中日2-1阪神◆
阪神が中日に競り負け、2位に転落した。

阪神打線は序盤から拙攻の連続。三回二死満塁の場面では四番・マルテが三ゴロに倒れ、六回無死二塁の好機もマルテ、大山、サンズが凡退した。そして八回、一死一、二塁からマルテの適時打で1点差とし、なお一死一、二塁の好機も大山が中飛、サンズが見逃し三振に倒れ、反撃ムードが潰えた。

矢野監督は試合後、「見たら分かるやん、還すところが還されへんからや」とイラ立ちを隠さず、打線を糾弾。マルテ、大山、サンズを名指しで批判した。
「上位(近本、中野、糸原の一~三番)がチャンス作っていいところで回ってんねんけど、そこでマルちゃん最後に出たけどさ、四、五、六、そこがね。還すところで還せないっていうのは、形はできているけどそこで還せないから点が入らないっていう。そこの状態がちょっと上がってもらわないと。ピッチャーが頑張っているんで」


現状を打開するため、二軍に落としていた佐藤輝を「明日から上げる」と明言した。ただ、ダメ出しを繰り返して二軍に落とした経緯もある。
「輝だけに期待するということはないけど、ファームに行って色んな気持ちの変化や、色んなことがあったと思うんでね。また輝らしくやってくれたらいい。(状態は)分からんけどね。ピッチャーだって一軍と二軍ではレベルが違うんで」と期待は“控え目”だ。

2位に転落したとはいえ、優勝争いの正念場はこれから。もう少しどっしり構え、選手に伸び伸びとプレーさせたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事