阪神0封負けで巨人に連敗も、矢野監督は坂本を絶賛

巨人 阪神

◆阪神0-1巨人◆
阪神が完封負けで首位・巨人に連敗し、再び借金生活に入った。

阪神・ガルシアと巨人・桜井の投手戦で七回まで0-0という緊迫した試合。八回表に二塁打で出塁したビヤヌエバの代走・増田大が犠打と中島の遊ゴロで前日に続いて決勝ホームを踏んだ。

ただ、矢野監督は敗戦の中でも愛弟子・坂本のプレーに目を細めた。負傷の梅野に代わってこの日もスタメンマスクを被った坂本は不安定なガルシアを8回まで好リード。九回の守りでは、一死二、三塁の絶体絶命のピンチで、三塁走者・坂本をけん制で刺すと、亀井の中前打で本塁を狙った丸を近本からの好返球を受けタッチアウトに。試合後の矢野監督は「いいプレーやったね。バックホームもバウンド的にも難しいんだけど。ああいう勝負どころでアウトにできるというのはね。投げる方もランナーと重なるから勇気がいるんだけどね。ナイスプレーでした」と、坂本を賞賛した。

一方、梅野は試合前練習でティー打撃を行うなど回復を見せており、「状態を見てですけど、ラストを締めくくりたい」と10日の出場に意欲的だ。巨人戦4連敗の坂本を使うのか、梅野に連敗阻止を託すのか、指揮官の選択が注目される。

関連記事