阪神-巨人は七回に申告敬遠で明暗、矢野監督「勝負に行った結果」

巨人 阪神

◆阪神1-4巨人◆
1-1で迎えた七回、申告敬遠で明暗が分かれた。

泣いたのは阪神。一死一塁で田口が犠打を決め、二死二塁となり、坂本の打席。

3ボールとなり、矢野監督は申告敬遠を選択した。しかし、続く丸に一、二塁間を破られ、勝ち越しを許した。

笑ったのは巨人だ。その裏、先頭・木浪が安打で出ると、木浪はこの試合で盗塁を決めていたが、代走に植田を送った。

近本の邪飛の後、植田は二盗を決め、福留が三振に倒れて二死二塁。マルテの打席で原監督は申告敬遠を選択し、糸原は二飛に終わった。

丸は九回にも2ランを放ち、この日4安打3打点。矢野監督は試合後、「勝負に行った結果」と話した。

関連記事