阪神首位ターン「最終的に首位にいることが大事なんでね」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 DeNA

◆阪神2-8DeNA◆
阪神は先発・アルカンタラが3回4失点と試合を作れず、見せ場なく大敗した。ただ、巨人が敗れたことで首位で球宴・五輪期間に入ることが確定した。

試合後、矢野監督はサヨナラ勝ちの前夜の会見とは一転した重苦しい雰囲気。先発のアルカンタラについては「全部、とらえられてるしね、アウトになってるのもしっかり打ち取ったというのがなかった」、DeNA先発・坂本に抑え込まれた打線については「チェンジアップがね。ちょっとてこずっているなという感じがあった。それでちょっと迷うというかそういう形になっている」と論評した。

首位での折返しが確定したことについても「もちろん今首位でいることは大事だけど、最終的に終わって首位にいることが大事なんでね。自分たちの野球がなかなかできにくい、交流戦明けになってきているんでね。明日何とかいい形で終わって、スッキリしたいなと思っています」と、笑顔が見られなかった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事