阪神退団ガルシア、台湾へ 日台韓「三角トレード」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 CPBL(台湾プロ野球) KBO(韓国プロ野球)

阪神を今季限りで退団したオネルキ・ガルシア投手が、台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズと来季契約を結んだ。

25日、中信が発表した。登録名は「歐尼爾」。「ガルシア」ではなく、ファーストネームの「オネルキ」から取った。

中信は今季、ローテの柱の一人として活躍した元ソフトバンクのミランダが、このオフに韓国プロ野球(KBO)の斗山ベアーズに移籍。阪神は斗山からアルカンタラを引き抜いており、日・台・韓の3球団が助っ人投手を交換した形になった。

ガルシアは18年に中日に入団し13勝9敗、防御率2.99の成績を残し、翌年に阪神に移籍。阪神では2年間で8勝14敗にとどまり、今オフ自由契約となった。台湾での年俸は50万ドル(約5200万円)と、今季の1/3以下に激減した。台湾で奮起し、KBOやNPBへの階段を登りたい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆ガルシア
背番号 77
フルネーム オネルキ・ガルシア
出身校 エスクエラ・エスパ高
誕生日 1989年8月2日
年齢 31
身長 190
体重 104
所属履歴 キューバリーグ―ドジャース―Wソックス3A―メキシカンリーグ―ロイヤルズ―中日
キャリア 3年
投打 左左
公式戦初出場 18年4月4日巨人=ナゴヤドーム
年俸 1億6500万円
昨季年俸 1億6500万円
家族 既婚

関連記事