阪神糸原主将V宣言 自己暗示の効果

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 キャンプ情報 コラム

沖縄県・宜野座での阪神春季キャンプを締めたのは「今年はリーグ優勝、日本一を必ずします。矢野監督を8回胴上げします!」という糸原キャプテンの力強い挨拶だった。

阪神の矢野監督は「日本一になります」とテレビで宣言するなど、徹底した“自己暗示作戦”でシーズンに臨む方針だが、キャプテンも同調した。

では、今季の阪神は日本一を狙えるのだろうか?

昨季は最終盤に劇的な6連勝でAクラスに滑り込んだが、成績は69勝68敗の貯金1。リーグ優勝、日本一を目指すには相当な上積みが必要だが、計算できるオフの補強は助っ人8人体制とソフトバンクから無償トレードの中田のみ。

助っ人では野手のボーア、サンズは海外でそれなりの実績を残している“大物”ではあるが、蓋を開けてみなければ分からないのはここ数年の阪神の助っ人たちの成績が示している。エドワーズ、ガンケル、スアレス、ガルシアという投手陣は強力ではあるが、助っ人枠には限りがある。昨季も5月以降は助っ人枠「4」をほぼ使い切り、ジョンソンやドリスがフル回転していただけに、助っ人投手陣は良くて前年比で横ばい、上がり目があるとすれば野手の2人が「大当たり」だったケースに限られるだろう。

ここまでのオープン戦、練習試合では9戦で13失策と、昨季12球団最悪だった守備には改善の予兆は見られていない。日本人打者の主軸、福留や糸井には、年齢的に多くの上がり目は期待できないだろう。

一方で、ここまで打撃好調の高山俊や「最強二番」を目指す2年目の近本光司、球質が昨年とは変わってきた高橋遥人、山本昌臨時コーチの指導で復活を期す藤浪晋太郎等々、明るい材料もあるにはある。矢野監督流の「自己暗示」でこれらのパワーが最大限に引き出されれば、日本一も絵空事とは言い切れない。

阪神の今季の戦いぶりに注目したい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆糸原健斗
背番号 33
カナ イトハラ・ケント
出身校 明大
誕生日 1992年11月11日
年齢 27
血液型 O
身長 175
体重 81
所属履歴 開星(甲)―明大―JX-ENEOS
キャリア 4年
投打 右左
ドラフト年度 16
ドラフト順位 5
公式戦初出場 17年4月1日広島=マツダ
年俸 6000万円
昨季年俸 4000万円
家族 独身

関連記事