阪神矢野監督「優勝すればいいだけのこと」コロナ陽性は謝罪

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 阪神

阪神・矢野監督が西宮市の球団事務所で代表取材に応じた。「未来は俺らで変えられる」「優勝すれば良いだけのこと」と前向きな言葉を並べた。コロナウイルスに藤浪晋太郎ら3選手が感染したことは謝罪した。

「コロナでみんなが苦しむ状況だからこそ、阪神優勝して感動させてくれたなとか、あれがあったから俺らは前向けたわとか、やっぱり言えるものになる。だって条件はどこの球団も同じことやし、それは何も変えられないことなんで。そういう話も選手たちによく、というか、今までもしたんだけど、未来は俺らで変えられるんで」

藤浪が陽性となった26日以降は練習を休止している。
「だからこそみんなで今、我慢して、これ以上広がらないようにとか、ちょっと良くなるようにと皆さんも世の中で我慢していて。だから俺らが1回つくったことって、こういう言い方すると失礼だけど、大したことじゃないんで。もう1回つくって、もう1回戦って、もう1回優勝すればいいだけのことやん。それはあんまりマイナスにはとらえていないし、みんな同じなんで。だからより勝ちたいなとか、よりどうやって喜んでもらいたいかな、を考えられるんで」

一方で、感染者が出たことや、感染した伊藤隼太と接触した中日の選手らに迷惑をかけたことを謝罪した。
「それは本当に皆さんには申し訳ないし、球界にも迷惑を掛けたし、地域の皆さんにも迷惑を掛けたし、俺らの分からないところにも多大な迷惑は掛かってしまった。申し訳ないのと反省と、やっぱり責任はもちろんあると思う。それはしっかり受け止めないとダメだと思う」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事