阪神痛恨0-0、ヤクルトM3「どんな形でも勝ちたかった」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆阪神0-0ヤクルト◆
阪神が好機を活かせず、痛恨の引き分け。ヤクルトの優勝マジックが3となった。

阪神・ガンケルとヤクルト・高橋の投手戦。阪神は五回に糸原、大山の連打で無死一、二塁の好機を作ったが、矢野監督は七番・小野寺にバスターを指示して右飛。坂本、ガンケルはそのまま打席に立たせて好機を逃した。九回も先頭の中野が安打で出塁したが、当たっている近本に送らせ、マルテ、糸原が凡退して試合終了。前日の11得点から一転して打線が沈黙したまま終わった。

試合後、矢野監督は「うちの立場ではね、もちろん勝たないと状況的には厳しくなると分かってるんですけど、全員でね、なんとか精一杯戦った結果なんでね。これは変えられないんで、受け止めて残りの試合やるしかないですね」と悔しげに振り返った。

さらに、五回の攻撃については「どうしても点取れなかったらいろいろ考えはありますけど…まあ、でも自分たちがしっかり点を取ろうと思ってやったことなんで、しっかり受け止めてやっていきます」と歯切れが悪かった。

ただ、「どんな形でもいいんで勝ちたかったっていうのが正直なところ」としつつも、「でも残りの試合で『この引き分けがあって優勝できたな』っていうものに変えられるチャンスはまだ残ってる。自分たちで引き寄せるように全力で戦っていきます」と諦めない姿勢を強調した。

阪神は残り4試合、ヤクルトは6試合でのマジック3。残りが全て勝つしか道はない。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事