阪神痛い2盗塁死、流れを巨人に渡して逆転負け

巨人 阪神

◆巨人4-1阪神◆
阪神が2つの盗塁死で相手に流れを渡し、逆転負けを喫した。

初回、四球で出塁した福留が意表を突く盗塁を決めた。が、これに味を占めたのか、四回無死一塁から大山を走らせて好機をつぶすと、六回にも二死から出た近本を走らせ盗塁死。福留の盗塁で巨人バッテリーが警戒を強める中、強気の作戦に固執したことが、完全に裏目に出た。

近本の盗塁死の直後の五回には先発・西が岡本に同点弾を浴び、巨人が一気に押せ押せムードに。六回には二死三塁から丸の意表を突くセーフティバントで勝ち越し点を奪われた。さらに、七回には2番手・岩崎が、巨人が代走に送った増田大を気にする中でゲレーロに2ランを被弾。試合は決まった。

動いて失敗を重ねた阪神が、時には意表を突き、時には動かずにプレッシャーをかけた巨人に翻弄された。

関連記事