阪神契約解除のソラーテはブレーブスとマイナー契約

阪神 プロ野球 ストーブリーグ スポーツ

昨秋、阪神から契約解除されたヤンハービス・ソラーテ内野手(32)が米アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ。

キャンプに参加し、メジャーのロースターに入れば年俸100万ドル(約1億1000万円)になるという。

ソラーテは昨季途中に阪神に加入し、デビュー5戦で3本塁打を放つなど派手なデビューを飾ったが、その後は打撃不振に陥り、拙い守備もあって二軍落ち。その後「モチベーションが上がらない」と一軍昇格を拒否し、そのまま帰国。9月に契約解除された。日本での成績は20試合で打率.188、4本塁打9打点だった。

一方、メジャーでの通算成績は670試合で打率.258、75本塁打307打点。本来の力を発揮できればメジャー昇格は十分可能とみられている。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事