阪神大山がセ・リーグ最多17失策、チームも最多79失策に

巨人 阪神

◆巨人16-4阪神◆
阪神・大山がセ・リーグワーストとなる17個目の失策を犯した。

「四番・三塁」で出場した大山は三回、先頭・ゲレーロの平凡なゴロをファンブルし、一塁へ送球したが間に合わなかった。続く炭谷が2点本塁打を放ち、7点差に広がった。

岩田のようにゴロを打たせて取るタイプの投手には、守備の乱れは特に影響が大きい。

八回にも鳥谷が悪送球。北條、二軍落ちした木浪が共に遊撃ではリーグ最多となる11失策を犯すなど、阪神はリーグ最多の79失策。

乗り切れない原因の一つになっている。

関連記事