阪神十回に勝ち越し→また守乱 矢野監督「負けなかったのは大きい」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 広島

◆広島4-4阪神◆
阪神が延長十回に勝ち越すも、守備の乱れから同点に追いつかれ、勝ちきれなかった。

最終回のマウンドには守護神スアレスが上ったが、一死から長野の打球を北條が一塁にワンバウンド送球、この回から一塁の守りに入った中谷が捕球できなかった(記録は内野安打)。

続く坂倉の右前打をやはり途中から右翼の守備に入っていた島田がファンブルし、一気に一死二、三塁のピンチに。会沢を敬遠して満塁とした後、堂林の高いバウンドの遊ゴロで三走・上本が生還し、同点に追いつかれた。


それでも矢野監督は「トータル的には勝ちたかったけど、負けなかったと思ったのは大きいと思っている」とポジティブ。

広島の先発・九里に七回まで5安打と苦戦した「一番・小幡、三番・近本」の新打線については「メンバーもあれやし、ちょっとなかなか点とれてないんで。その中で何かこう、俺の中では挑戦してみて、その中でまたいろいろ判断していこうかなというところで」と説明。

小幡の一番は「よくやったと思うし。食らいついていったし、フランスワとか、ああいう左投手からしっかりヒット打ったっていうのも大きいと思う」と評価した。

シーズン終盤、試行錯誤はまだ続きそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事