阪神初3タテ「しっかり受け止め反省」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 DeNA

◆阪神3-8DeNA◆
阪神がDeNAの一発攻勢に屈し、今季初の同一カード3連敗を喫した。最大8ゲームだった2位・巨人との差は2.5まで詰まり、余裕がなくなってきた。

先発・秋山が初回にオースティンに先制2ランを被弾する苦しい立ち上がり。その裏に一死一、三塁と反撃の好機を作ったが、四番・大山と五番・佐藤輝が連続三振に倒れた。

その後は四回にソトの3ラン、五回に桑原のソロ、八回にもソトのソロが出てDeNAが着実に加点。阪神は五回に近本・糸原・マルテの3連続二塁打で2点を返したが、流れを変えることが出来なかった。

矢野監督は試合後、「初回の攻防が勝負を分けた」と振り返った。同一カード3連敗については「シーズン中ではいろんな事があると思いますし、よくないこういう時もあると思うんで、それはしっかり受け止めて反省してどう前に進んで行くかってことが一番大事かなと思ってるんで。チーム全体で火曜日からまたしっかりやっていきます」とコメントした。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事