阪神・鳥谷敬はロッテへ⁈井口監督との関係は…

阪神 話題・エンタメ ロッテ ストーブリーグ

阪神を退団する鳥谷敬をロッテが獲得するとの見方が強まっている。その理由としてあげられるのが、ロッテ・井口資仁監督との強い結びつきである。

ロッテ・井口監督の現役時代は毎年、2人は自主トレを共にしてきた。

隣で写真にパチリ。

早大在籍時にダイエー(当時)のキャンプに参加した鳥谷が井口監督と出会い、自主トレを共にするようになったと言われている。

それだけではない。2人共、同じマネジメント事務所「PAMS」に所属している。元外資系証券マンが社長を務めるこの会社の役員に、2人が名前を連ねていたこともある。となると、ビジネスパートナーでもある。

試合のある日やキャンプの際は、事務所の社員がZOZOマリンや甲子園、キャンプ地にほぼ毎日、顔を出す。

事務所にはロッテ・清田育宏外野手らも所属。ロッテOBの竹原直隆氏が講師を務める野球教室なども開催している。

FA権を行使すると言われている楽天・美馬学も同じ事務所に所属。こちらも先発投手が手薄なロッテが獲得に乗り出すと言われている。

井口監督はドラフト会議の前に、「ドラフトの結果を踏まえて、そういう話も出てくるとは思います」と、鳥谷獲得を松本尚樹球団本部長と協議する考えを示していたが、ドラフトで指名した内野手は、5位の法大・福田光輝選手のみ。 FA権を行使すると見られる鈴木大地内野手が流出するならば、「即戦力内野手」の補強は必要になるだろう。

阪神・鳥谷敬と楽天・美馬学。清田に加えて、井口監督の事務所仲間がさらに、ロッテに加入する可能性は高い。

関連記事