阪神・青柳、連敗止めたチームトップの4勝目

阪神 ヤクルト

◆阪神3-2ヤクルト◆
阪神・青柳が6回1失点の好投で4勝目、チームの連敗を止めた。

甲子園で広島に3連敗した後のカード初戦、「絶対に勝つことだけを意識して、それだけを意識してマウンドに上がりました」という青柳は、二回に味方のエラーで1点を失うがそれ以降は粘りのピッチング。ランナーを出しはするものの、四回までに3個の併殺を打たせるなど、“らしい”ピッチングで6回を4安打2四球、97球で料理した。

この日の4勝目で、白星はチーム単独トップに。「次も勝つだけなんで、チームが勝てるように頑張っていきたい」昨年は二軍暮らしが長かった変則右腕が、チームの柱に変貌した。

関連記事