阪神・陽川がプロ初「完ぺき」犠打で連敗脱出演出、矢野監督「あ、そうですか?」

阪神 ヤクルト

◆阪神4-3ヤクルト◆
阪神が劇的なサヨナラ勝ちで連敗を6で止めた。

先頭打者として二塁打を放った北條、サヨナラ犠飛を放った近本は見事だったが、大事な局面でプロ初犠打を決めた陽川のプレーも見逃せない。

八回に勝ち越しながら守護神・ドリスが九回表に失点して追いつかれる悪い流れで迎えた九回裏。先頭の代打・北條が右中間に二塁打を放ち出塁した。

そこで打席に入った陽川は、ヤクルトの3番手・ハフの初球をきっちり三塁線に転がすバントを決めた。

二軍ではクリーンナップ、一軍でも五、六番を打つ事が多く、これがプロ初犠打となった陽川だが、一塁手・村上が激しくチャージしてくる中、注文通り三塁手に取らせるバントを見事に決めた。意外なほど上手いバントに、阪神ベンチは陽川が本塁打を打った時の「ゴリラポーズ」で迎え、一段と盛り上がった。

次の近本の犠飛でサヨナラ勝ちにつながり、陽川は「これからもそういうサインが出ると思うのでしっかり決めたい」とバント多用宣言。「立場的には少ないチャンスなので、どんな形でもしっかり生かしていきたい」と出場機会増に意欲を見せた。

一方、サインを出した矢野監督は、これがプロ初犠打と指摘され「あ、そうですか?」と知らなかった模様だったが、「でも、完ぺきなバントをしてくれたんで、あれで流れがまたこっちに来ましたね」と陰のヒーローを労った。

関連記事