阪神・近本 長いバットで今季は長打力アップ?

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 日ハム

阪神・近本が練習試合日本ハム戦(宜野座)で豪快な2ランを放った。今季は長打力アップに繋がる試みがある。

近本は六回、鈴木遼の変化球を完璧に捉えて右翼芝生席の中段に打ち込んだ。腕が伸び切り、最も力の入る位置で捉えた。

昨季は途中からバットを1インチ短くして84インチにした。センター返し中心で、安打を量産するためだ。結果、長嶋茂雄氏の持つ新人最多安打記録を更新した。

だが、今季は85インチに戻す。「長くて重く、体積が多い方が強い打球を打てる」という考えがある。対外試合2戦目で、一発を放って考えの正しさを証明した。

前日の中日戦に続き二番に入った。昨季は一番と二番を経験したが、打順の繋がりを重視する矢野監督の構想で、今季は二番に座る。日本ハム大田泰示ら、二番打者には長打力がある選手が増えている。昨季は9本塁打。プロの水に慣れた今季はさらに増えるだろう。スピードと長打力を兼ね備えた「二番近本」は適役だ。

文・写真/BBNEWS編集部

◆近本光司
背番号 5
カナ チカモト・コウジ
出身校 関学大
誕生日 1994年11月9日
年齢 25
血液型 B
身長 171
体重 72
所属履歴 社―関学大―大阪ガス
キャリア 2年
投打 左左
ドラフト年度 18
ドラフト順位 1
公式戦初出場 19年3月29日ヤクルト=京セラ
年俸 4500万円
昨季年俸 1500万円
タイトル (盗)19
家族 既婚

関連記事