阪神・近本が代打でプロ1号「最高の結果」

ニュース 阪神 DeNA

◆阪神2-5DeNA◆

阪神のドラフト1位・近本が甲子園でプロ1号を放ち、終始劣勢の試合の中で阪神ファンに見せ場を作った。場面は七回。先頭守屋の代打として登場し、国吉の2球目の直球をフルスイングでライトスタンドに運んだ。近本は「代打だったので、ファーストストライクから積極的に打ちに行った結果が最高の結果となりました。甲子園で打つことができて素直にうれしい」とコメントした。

近本は、開幕戦で「2番・センター」でスタメン出場を果たしたが、打率の低迷で9試合目からスタメン落ちしていた。

関連記事