阪神・藤浪692日ぶり勝利「苦しい事ばかり、つらい事多かった」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆ヤクルト4-7阪神◆
阪神・藤浪晋太郎が6回1/3を6安打4失点(自責2)で2018年9月29日の中日戦以来、692日ぶりの勝ち星を挙げた。

二回に自らの先制適時内野安打を含め4点、三回にも2点の援護をもらうこれまでにない展開。しかし、初回、先頭の坂口にいきなり死球を与える不安な立ち上がりから、二回には失策絡みで2点を返され、五回には村上、七回には坂口にソロ本塁打を浴びた。そんな苦しい投球ながらもなんとかリードを守りきって降板。救援した岩崎、ガンケル、スアレスがヤクルト打線を無安打に封じて白星を手にした。

ヒーローインタビューでは「2年間ぐらい勝てなかったのですごい長かったなという気持ちと、今シーズンもなかなか、自分でも勝てないピッチングが続いてたんでやっと勝てたかという気持ちが一番強いです」と久々の勝利の心境を語った。

勝てなかった期間については「苦しい事ばっかりだったように思いますし、つらい事多かったですけど、コツコツやるしかないと思って毎日毎日練習してきました」と振り返ったが、「一個勝って、自分自身も流れが変わってくると思うので、しっかり勝てるように、長いイニング投げれるように、チームに貢献できるようにしっかり頑張っていきます」と、今後の巻き返しを力強く宣言した。

高卒1年目から3年連続二けた勝利を飾り、将来のエースと目された藤浪も、金本前監督時代に制球難をこじらせ、昨季は1登板に終わるなど矢野政権下では限られたチャンスしか当たられない立場へと転落した。今年はさらにタニマチとの“コロナ合コン”や練習への遅刻でみそをつけ、トレードの噂も絶えないが、この1勝を復活のきっかけにできるか。

文・写真/BBNEWS編集部

◆藤浪晋太郎
背番号 19
カナ フジナミ・シンタロウ
出身校 大阪桐蔭
誕生日 1994年4月12日
年齢 26
血液型 A
身長 197
体重 100
所属履歴 大阪桐蔭(甲)
キャリア 8年
投打 右右
ドラフト年度 12
ドラフト順位 1
公式戦初出場 13年3月31日ヤクルト=神宮
年俸 6300万円
昨季年俸 8400万円
タイトル (振)15
家族 独身

関連記事