阪神・藤浪の次回登板「分からん」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神

◆阪神2-11巨人◆
阪神・矢野監督は五回途中11失点の藤浪の次回登板について「それは分からんけど」と、明言を避けた。

雨のために試合開始が1時間遅れたこの日の試合。対巨人4連戦をなんとしても勝ち越さねばならないというプレッシャーに負けたのか、二回に乱れ始めると最後まで修正できなかった。

矢野監督は「立ち上がりはよかったと思うけどね。やっぱり条件つくと、なんていうのかな、ピッチングってランナーもいるし、いろんな状況があるんでね。その状況に対する、こういう自分の中で通用する部分とまだまだ課題の部分っていうのはやっぱり出てくるのでね。それを…投げていくしかないんでね」と走者を出した時の投球の不安定さを指摘した。

3回7失点、81球からの続投については「この13連戦、チーム全体のことがあるし、もちろん晋太郎に頑張れっていう思いはいつも持ってるし、別に。この展開、みんな中継ぎも登板多くなってる中では、自分の中で苦渋の選択しているだけ」と、中継ぎの負荷を軽減するためだったと説明した。

藤浪に代わる阪神のローテ候補は中田、岩田ら。中田は今季2試合に先発し0勝1敗の防御率6.23、岩田は二軍で7試合に登板し1勝3敗防御率3.60と、ともに苦しい内容。高野や才木は決め手を欠き、今季好調の呂彦青は外国人枠の問題が。開幕前のローテ候補だった飯田はオリックスにトレードで放出してしまっており、矢野監督は頭の痛い選択を迫られそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事