阪神・藤浪が最速159キロで1回0封【みやざきフェニックスリーグ】

阪神 西武

阪神・藤浪晋太郎が12日に行われたみやざきフェニックスリーグの西武戦(サンマリン)に登板、最速159キロで1回を無安打1四球無失点に抑えた。

五回、先発・飯田に代わってマウンドに立った藤浪は、先頭の八番・齊藤誠人にフルカウントから四球を与え、九番・牧野翔矢の犠打で一死二塁のピンチを背負ったが、一番・鈴木将平を遊ゴロに打ち取って二死三塁とし、二番・綱島龍生は空振り三振に打ち取った。

1回打者4人に要したのは18球。抜け球はあったものの、荒れ具合はほどほど。直球主体の投球で西武の若手をねじ伏せた。

関連記事