阪神・梅野ら昇格、楽天・茂木が抹消【9月30日公示】

スポーツ 阪神 オリックス ヤクルト 楽天 怪我・体調不良 NPB公示

阪神は30日、上本博紀内野手の出場選手登録を抹消、梅野隆太郎捕手を登録した。

梅野は17日の巨人戦で脇腹を気にして途中交代、翌18日に「右腹斜筋の筋挫傷」のため抹消されていた。29日のウエスタン・リーグ戦(対オリックス)で実戦復帰して3打数3安打1打点と不安を一掃、即昇格となった。上本は新型コロナウイルス対応の「特例2020」の代替指名選手だったため、今回の抹消後は10日を経ずに再登録が可能。

楽天は茂木栄五郎内野手を抹消、小郷裕哉外野手を登録した。茂木は腰の張りを訴えて26日の西武戦から欠場していた。

オリックスは西村凌外野手を抹消、増井浩俊投手と佐野皓大外野手を登録した。

ヤクルトは松本直樹捕手を抹消し、古賀優大捕手を登録した。

【登録】
▼梅野隆太郎(神)
▼古賀優大(ヤ)
▼小郷裕哉(楽)
▼増井浩俊(オ)
▼佐野皓大(オ)

【抹消】
▼上本博紀(神)
▼松本直樹(ヤ)
▼茂木栄五郎(楽)
▼西村凌(オ)

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事