阪神・梅野がFAに意欲「必要とされるところに」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 契約更改

阪神の梅野隆太郎捕手が22日、西宮市内の球団事務所で契約更改、来季取得見込みのFA権行使の可能性を匂わせた。

1000万円増の年俸1億1000万円の単年契約でサインした梅野だが、FA権について問われると「チームとして優勝したいところも強いですし、野球人として最高峰が味わいたいというのはあります。来年、とにかくキャリアハイを出して、必要とされるものを作り上げて。必要とされる評価をもらえるところに関しては、この球団(阪神)も含めていろいろなところで考えていきたい」と、移籍も視野に入れている事を明言した。

今季で3年連続ゴールデングラブ賞を受賞した梅野は、実力・人気ともにチームの柱の一人。来季は背番号「2」を与えられ、契約更改交渉の場では球団から「梅野なくして優勝はない」との発言も出るなど、フロントは残留を強く願っている。


ただ、矢野監督の「推し」は梅野ではなく坂本だ。今季も開幕当初は「捕手ローテ制」を敷き坂本の先発機会を確保。9月に梅野がわき腹を痛めて離脱して以降は「西勇輝専属捕手」に格下げし、坂本を先発で起用することが多かった。
阪神・梅野「正捕手」剥奪?矢野監督「総合的に坂本」

「期待に応えられるように最高のプレーをして、キャリアハイという数字を出し、チームが優勝できるように。また、個人的にも全試合出場。プライドを持って頑張っていきたい」と来季への意欲を示した梅野だが、出番は約束されていない。

宣言通りキャリアハイの成績を残せばFA市場での価値は跳ね上がる。今季終盤のような2番手捕手扱いが続いた場合は本人の移籍願望は強まるだろう。阪神は来季も「生え抜きスター」を流出させる可能性が小さくない。

文・写真/BBNEWS編集部

◆梅野隆太郎
背番号 44
カナ ウメノ・リュウタロウ
出身校 福岡大
誕生日 1991年6月17日
年齢 29
血液型 A
身長 173
体重 77
所属履歴 福岡工大城東―福岡大
キャリア 7年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 4
公式戦初出場 14年3月28日巨人=東京ドーム
年俸 1億円
昨季年俸 5000万円
タイトル (ゴ)18、19
家族 既婚

関連記事