阪神・梅野が守備妨害

阪神 中日

◆阪神7-6中日◆
阪神・梅野が守備妨害を宣告された。

六回、同点に追いついてなおも無死二塁の場面で打席に入った梅野は、初球をバントするも自身の頭の上への小飛球に。

捕手・木下拓が捕球しようとしたところに、バント後にバッターボックス後方に下がっていた梅野が打球に頭を合わせるように伸びあがった。

結果、木下は捕球し損ねたが、福家球審が守備妨害を宣告。矢野監督の抗議も実らずアウトとなった。

関連記事