阪神・岩田が2か月ぶり2勝目、中村との同級対決は2打数2HR「さすがですね」

阪神 西武

◆阪神6-2西武◆
阪神が逆転勝ちで西武に連勝、5カードぶりに勝ち越しを決めた。

立役者は先発の岩田だ。4月18日以降、2か月勝ち星がなかったが、この日は6回を投げ5安打2失点。低めへの制球が決まり、18個のアウトのうち14個がゴロという投球で2勝目を挙げた。岩田は「ゴロアウトが多いという事は僕のピッチングができている証拠。良かったです」と笑顔で振り返った。

ただ、西武・中村剛也との「大阪桐蔭同級生対決」は、2打席で2本塁打と完敗を喫した。同窓対決への意識は「ありました」という岩田は中村のバッティングに「さすがですね」と脱帽した。ただ、もう一人の大阪桐蔭出身者・森友哉は遊ゴロ、遊併殺、三振に打ち取り、先輩の貫録を見せた。

関連記事