阪神・小林が負傷交代、足ひねり動けず担架で退場 

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ソフトバンク 怪我・体調不良

◆阪神‐ソフトバンク◆
阪神の2番手・小林が守備で負傷、降板した。

1点ビハインドの七回表に登板したが、一死二、三塁から栗原の一塁よりの投ゴロを処理した際に左足首をひねり、その場で動けなくなった。トレーナーが駆け寄ったが、自力で歩くことができず担架で退場。3番手・岩貞が緊急登板した。

阪神はセットアッパー・岩崎が抹消されるなど、ここに来て救援陣に不安材料が多発している。ここまで17試合で防御率2.93と安定感を見せていた小林が離脱となれば、さらなる危機に見舞われる。

文・写真/BBNEWS編集部

◆小林慶祐
背番号 56
カナ コバヤシ・ケイスケ
出身校 東京情報大
誕生日 1992年11月2日
年齢 28
血液型 B
身長 187
体重 86
所属履歴 八千代松陰―東京情報大―日本生命―オリックス
キャリア 5年
投打 右右
ドラフト年度 16
ドラフト順位 5
公式戦初出場 17年5月13日西武=京セラ
年俸 1300万円
昨季年俸 1400万円
家族 独身

関連記事