阪神・大山に「差し違え」川口球審 与田監督は指差し確認

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 阪神 中日

◆中日-阪神◆
相撲でなく野球なのに「差し違え」…七回、球審と三塁塁審の判定が異なる珍事があった。

先頭・大山は3球目を引っ掛け、打球は三塁へ。三塁塁審・秋村はファウルのジェスチャーをしていたが、球審・川口は「フェア」をコール。高橋は一塁へ送球したが、大山は一塁へ走らなかった。

川口球審は秋村審判と言葉を交わした後、審判を集めて協議。高橋は眉間にシワを寄せ、与田監督は確認を求め、川口球審と話しながら三塁方向を指し示して不満をあらわにした。

その後、川口球審はマイクを手にし、「差し違えましたが、ファウルとして再開します」と説明。大山はその後、三振に倒れた。

初回には阪神・サンズが川口球審のストライク判定に不満を露わにし、何事か吐き捨てた。

初回一死一、二塁の先制機。主砲はフルカウントから、福谷の外角低めへのストレートを自信たっぷりに見逃した。四球を確信して一塁へ歩きかけたが、球審・川口の判定はストライクで、見逃し三振に。

サンズは左手を何度も突き出しながら、球審に単語を発した。口の動きからみて四文字のNGワードでは無さそうだ。

6球目も同じような外角低めをボールと判定されており、伏線になったと見られる。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事