阪神・大山、得点圏で3タコ

巨人 阪神

◆巨人2―1阪神◆
阪神・大山が得点圏で3度凡退し、ブレーキとなった。1点リードの二死一、二塁で初回は空振り三振、三回は二飛。

1点を追う八回は一死一、三塁で打席へ。だが、大竹の内角シュートに詰まり、三塁への併殺打に倒れた。

反省の弁はこうだ。「自分のなかでこういうふうにやりたいと思っていたことができなかった。一死一、三塁で最低限、やれることがあった。それができなかったのが負けの原因です」犠牲フライか、内野ゴロで同点にしたかったのか。

矢野監督は、好機で大山に打席が回ってくることについて、「いや、悠輔一人じゃないじゃん。マルテだって打たなアカンし、ソラーテだってなんとかせなアカンやろうし。悠輔だけの責任じゃないけど、悠輔にも責任はもちろんあるよね」

四番から六番に下がっても、勝敗を背負う場面は回ってくる。

関連記事
阪神・梅野、大山、糸原の勝負飯は焼肉

関連記事