阪神・井上コーチ、貧打に「我慢してあげないと」珍練習も効果なし?

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神

◆中日5-0阪神◆
今季2度目の完封負けを喫した試合後、阪神の井上打撃コーチは「みんなやることをやっている。見守る側としては我慢してあげないと」と、選手たちの“復調待ち”以外に策がない現状を吐露した。

井上コーチは、昨季の打撃不振の責任を取って辞任した浜中前コーチの後任として矢野監督が招聘。中日で現役から一軍打撃コーチ、二軍監督まで務めた「竜一筋」のプロ野球生活だったが、若手時代に苦楽を共にした矢野監督の誘いで阪神入りした。

春季キャンプでは、野手全員参加の「総員素振り」や「総員ティー打撃」など、変わった練習方法を発案。選手ともよくコミュニケーションを取り、打力向上が期待されていた。

ただ、蓋を開けてみれば10試合でわずか19得点。チーム打率は.201に低迷している。

井上コーチは、好機に併殺打に倒れたマルテとサンズについては「彼らが狙いにいってサードゴロとかになっているわけだから。そこを問い詰めてやっているとバットが出なくなる」と庇い、「絶好調の人間がなかなか出てこないのが、こういう結果になっている」と嘆いた。

打撃部門の責任者にもこれといった打開策が見つからないとなると、ファンも当面は「我慢してあげないと」という心境で見守るしかなさそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

◆井上一樹
背番号 99
カナ イノウエ・カズキ
出身校 鹿児島商
誕生日 1971年7月25日
年齢 48
血液型 A
身長 184
体重 93
所属履歴 鹿児島商(甲)―中日
キャリア 25年
投打 左左
ドラフト年度 89
ドラフト順位 2
公式戦初出場 91年5月11日広島=ナゴヤ
年俸 2000万円
家族 既婚

関連記事