阪神・中日「空間除菌グッズ」根拠なし

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 阪神 中日 楽天 事件事故・ゴシップ

「身につけるだけでさまざまな空気トラブルを予防する」と謳っていたカード型の「空気清浄機」に関して、製造・販売する「サルーテ・ラボ」(大阪市中央区)は17日、根拠がないなどと謝罪した。新型コロナウイルス対策として、楽天球団も使用していた他、阪神と中日のユニフォーム型のものが発売された。

・楽天球団も使用「空間除菌」阪神グッズに疑問の声
消費者庁は12月末、同社が3月に発売した「イオニアカードPLUS」が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、再発防止命令を出した。措置命令書では、「あたかも、製品を身につければ、イオンの作用により、半径1.5メートルから2メートル程度又は半径1.5メートル程度の身の回りの空間における花粉及びPM2.5を除去し、ウイルス、菌等を寄せ付けない効果が得られるかのように示す表示をしていた」と指摘した。ラッグストアや通販サイトで約25万枚を販売したという。

命令に対し、同社は「ウェブサイト内の表示に関するものであって、製品の問題ではない」と主張。広告の内容を修正する方針を示していた。だが17日、「消費者庁に実験結果などを提出したが、表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められない」「一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反するものでした」などと認めた。



阪神は10月1日、公式オンラインショップなどでユニフォーム型を発売した。ホームのデザインは完売、ビジターは未だに販売中だ。いずれも税込み4400円。「カード型空気清浄機」と説明している。あるスポーツ紙は「新型コロナウイルスの不安があるなかで、より安心して試合観戦を楽しめるアイテムになりそうだ」と書いていた。

中日は3選手の名前と背番号入のモデルが、SSKのオンラインショップで発売された。

楽天は20年2月のキャンプで移動する際にイオニアカードを使用したが、「科学的には効果はない」「きわめて悪質な商品です」と写真誌が医師の意見を紹介した。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、阪神公式オンラインショップ、「サルーテ・ラボ」HPより

関連記事