阪神・ボーアは大谷翔平のために「1年遅れ」掛布氏明かす

NPB(プロ野球) 阪神

阪神の新助っ人ボーア(元エンゼルス)が、昨年入団がほぼ決まりながらも大谷翔平の手術の影響で入団が一年先延ばしにされていた事が明らかになった。

今季、阪神のオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーを務めた掛布雅之氏が21日、ラジオ番組の公開収録で明かした。

掛布氏はボーアについて、「本当は今年から阪神に来てるはずだった。でも、大谷くんの手術でエンゼルスの左打者が足りなくなってしまい、一年延びた」と、契約に至る経緯を説明した。

ボーアの成績については「甲子園なら30本ぐらい」と予想。左方向に打てるかどうかがポイントになると指摘した。

掛布氏は20年度から阪神電鉄本社直属のアドバイザーに就任する。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事