阪神・ドリスがまたしてもセーブ失敗

阪神 DeNA

◆阪神6-6DeNA◆
阪神の守護神・ドリスが九回二死から痛恨の同点打を浴びた。

1点リードの九回に登板したドリスは、先頭打者の伊藤光を相手に悪い癖が出た。四球で歩かせると、続く柴田の犠打で一死二塁とされ、次の大和は三振に打ち取るも、二死二塁から筒香に中堅・近本の頭を越える同点適時二塁打を浴びた。

「勝ちたかった」と悔しさを滲ませた矢野監督だが、筒香の同点打については敬遠しなかった判断も含め「俺の責任」と右腕をかばった。

だが、ドリスは20日のヤクルト戦に続くセーブ失敗で、今季4回目。そのいずれも6月以降と、調子が下降線とみられることが気がかりだ。ジョンソン、藤川ら、前半戦で“鉄壁”だった救援陣に疲れの色が見え始め、阪神の「勝ちパターン」が崩れてきている。

関連記事