阪神・チェン、打線の援護に感謝「おかげで投球に集中できた」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 中日

◆中日2-6阪神◆
今季初登板で11年10月以来、およそ10年ぶりのNPB白星を挙げた阪神・チェンが、打線の援護に感謝した。

四番・大山が初回に三塁打のマルテを適時打で迎え入れ、三回には5号3ラン。序盤で4点を援護した。

チェンはお立ち台で「一回二回と立ち上がりがあまり良くなかったんですけど、マルテや大山が援護してくれたおかげで自分の投球に集中することができました」と序盤の援護に感謝した。

チェンは昨季、ロッテで4試合に先発し、いずれもクオリティ・スタートの投球を見せたが、援護に恵まれず0勝3敗。台湾のファンからはロッテを「死体打線」と揶揄する声も挙がった。

一方、チェンに対しては古巣・名古屋のファンからも大きな拍手が送られた。チェンは古巣相手の登板については「特に意識しなかった」としたが、元本拠地・バンテリンドームでの登板については「久しぶりにナゴヤドームで投げることができて凄い嬉しい」と笑顔を見せた。さらに「名前変わってるかもしれないですけど僕のイメージはナゴヤドーム」と、チェンにとっては“特別な球場”であることを強調した。

文/BBNEWS編集部 写真/Instagramより

◆チェン
背番号 14
漢字 陳偉殷
出身校 国立台湾体育学院
誕生日 1985年7月21日
年齢 35
血液型 O
身長 183
体重 90
所属履歴 高苑高-国立台湾体育学院―中日―オリオールズ―マーリンズ―マリナーズ―ロッテ
キャリア 10年
投打 左右
ドラフト年度
ドラフト順位
公式戦初出場 05年4月3日横浜=ナゴヤドーム
年俸 2億1000万円
昨季年俸 3000万円
タイトル (防)09
家族 既婚

関連記事