阪神・スアレス160キロ計測 自己・球団最速記録更新なるか

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神2-1巨人◆
阪神のスアレスがソフトバンク時代の自己最速に迫る160キロを計測。手術前の姿を取り戻しつつある。

2点リードの八回に登板したスアレスは、先頭の吉川尚を158キロの直球で空振り三振に仕留めると、次の丸は157キロ直球で投ゴロに。3人目の岡本の2球目に160キロを計測。最後は144キロのスプリットで空振り三振に仕留めた。

スアレスは16年10月14日のクライマックス・シリーズ日本ハム戦で自己最速の161キロを記録したが、2017年に右ひじを痛めてトミー・ジョン手術を受けた。昨季は0勝4敗、防御率5.74でソフトバンクを退団したが、手術から3年が経過した今季はここまで6試合に登板して防御率1.59と安定感を取り戻した。

阪神の球団最速も17年にドリスが記録した161キロ。自己最速&球団最速を更新することができるだろうか。

文・写真/BBNEWS編集部

◆スアレス
背番号 75
フルネーム ロベルト・スアレス
出身校 セシリオアコスタ高
誕生日 1991年3月1日
年齢 29
身長 188
体重 95
所属履歴 セシリオアコスタ高―メキシカンリーグ―ソフトバンク
キャリア 5年
投打 右右
公式戦初出場 16年4月10日オリックス=熊本
年俸 8000万円
昨季年俸 8000万円
家族 独身

関連記事