阪神スアレスが残留へ 2年7億円で合意

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ストーブリーグ

今季、セ・リーグのセーブ王を獲得した阪神のロベルト・スアレス投手の残留が決まった。

MLB.comのジョン・モロシ記者が合意をツイートした。


2年総額675万ドル(約7億円)で合意したと伝えている。今季の年俸8000万から4倍以上となる計算だ。

スアレスはソフトバンクから移籍1年目の今季、藤川球児の不調のためシーズン途中から守護神となり、25セーブでタイトルを獲得。メジャー球団から関心を集め、争奪戦となっていた。

阪神は今オフ、韓国打撃四冠のメル・ロハス・ジュニア、韓国最多勝野ラウル・アルカンタラ、前ロッテのチェン・ウェインと交渉し、それぞれ詰めの段階。最大の懸念だった守護神の残留交渉にも成功し、大幅な戦力アップが期待される。

文・写真/BBNEWS編集部

◆スアレス
背番号 75
フルネーム ロベルト・スアレス
出身校 セシリオアコスタ高
誕生日 1991年3月1日
年齢 29
身長 188
体重 95
所属履歴 セシリオアコスタ高―メキシカンリーグ―ソフトバンク
キャリア 5年
投打 右右
公式戦初出場 16年4月10日オリックス=熊本
年俸 8000万円
昨季年俸 8000万円
家族 独身

関連記事