阪神スアレスが入国、新加入を除く6助っ人揃う

NPB(プロ野球) 阪神 キャンプ情報

阪神は25日、ロベルト・スアレス投手が入国したと発表した。

到着後の新型コロナウイルスの検査も陰性で、今後、隔離期間を経て2月10日前後にキャンプに合流する見通し。球団を通じ、「今年もこうして阪神タイガースに戻って来ることができてとても嬉しく思います。このチームで、チームのために勝利に貢献して、チームメイトたちと、愛するタイガースファンのみなさんと一緒にリーグ優勝、そして日本一を成し遂げることができるように頑張りますので、今シーズンも応援よろしくお願いします」とコメントした。

スアレスは昨季、51試合で3勝1敗25セーブ8ホールド、防御率2.24で最多セーブのタイトルを獲得。今季も抑えとして起用される見通し。

阪神は8人の助っ人のうち、チェン・ウェイン、サンズ、マルテ、ガンケル、エドワーズはすでに入国済み。スアレスの来日で、入国の目途が立たない新助っ人のロハス、アルカンタラを除く6人がすべて来日した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆スアレス
背番号 75
フルネーム ロベルト・スアレス
出身校 セシリオアコスタ高
誕生日 1991年3月1日
年齢 29
身長 188
体重 95
所属履歴 セシリオアコスタ高―メキシカンリーグ―ソフトバンク
キャリア 5年
投打 右右
公式戦初出場 16年4月10日オリックス=熊本
年俸 8000万円
家族 独身

関連記事