阪神ガンケル「巨人はやっぱり良い打線」矢野監督は庇う

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 コラム・読み物

◆阪神―巨人◆
阪神の先発・ガンケルが6回6安打5失点で降板、3敗目を喫した。

三回までは1安打無失点と立ち上がりはまずまずだったが、四回に丸の適時打で先制点を許してまず1点。五回には吉川尚にソロ被弾で2点目。その裏の打席で矢野監督は代打を送らず、続投を選択したがこれが裏目。六回一死一塁から走者を気にして中島を四球で歩かせ、次の大城に3ランを浴びた。

「ジャイアンツはやっぱり良い打線だったし、簡単にアウトになってくれないなと感じた。球数も多くなってしまったし、追い込んでからのボールも甘くなってしまったから、反省して次に生かせるようにしたい」

ガンケルは今季3度の先発で4回3失点、4回1失点、6回5失点の0勝2敗。嵌っていた中継ぎ起用時に比べ物足りない成績だ。

それでも、キャンプからガンケルを高く評価している矢野監督は「ボール自体は、しっかり投げている部分が多かったんじゃないか。もっとやれることがバッテリーであったんじゃないかなと思うけどね」と、梅野のリードに注文を付けた。

文・写真/BBNEWS編集部

◆ガンケル
背番号 49
フルネーム ジョー・ガンケル
出身校 ウェストチェスター大
誕生日 1991年12月30日
年齢 28
身長 196
体重 102
所属履歴 ハーシー高―ウェストチェスター大―Rソックス2A―オリオールズ3A―ドジャース3A―マーリンズ3A
キャリア 1年
投打 右右
年俸 5500万円
家族 既婚

関連記事