阪神また守乱で逆転負け、矢野監督「オレ自身も難しく…」

阪神 ヤクルト

◆ヤクルト4-3阪神◆
阪神がまたミス連発で逆転負けを喫し、3位広島との差は5・5ゲームに開いた。

この日はソラーテを「六番・二塁」で起用。遊撃でのミスが続いている糸原をまた遊撃で起用した。が、これが致命傷になった。

六回、二死一、二塁から廣岡の遊ゴロをファンブルして4点目を奪われた。結果的にこれが決勝点となった。

試合後、矢野監督は糸原の失策について「まあ、本来セカンドで守るのがショートっていうのが簡単ではないと思うけど。まあ、うーん。そこは俺の責任とね、健斗(糸原)自身ももちろん頑張らなあかんところは、両方あるかなと思う」と複雑な心境を吐露。

2点リードの五回二死三塁では、セカンドゴロと思われる当たりをマルテが取りに行って適時内野安打としてしまう場面もあった。守備範囲の狭いソラーテをセカンドに配置することで、悪影響が広がっている。

矢野監督も「ソラーテが来たことで、オレ自身も難しくなってる部分もある」と迷う気持ちをポロリ。そのソラーテは二回に4号ソロを放ってはいるが…。CS進出を目指すのならば、もう迷っている余裕はない。

関連記事