阪神またミス連発、矢野監督「仕方ない」と言いつつも…

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

◆阪神2-7巨人◆
阪神が終盤に痛いミスを連発して、9連戦の初戦を落とした。

1点を追う八回の守り。3番手の馬場は安打と四球で無死一、二塁のピンチを背負う。ここで坂本を注文通りの投ゴロに打ち取ったが、併殺を焦って二塁に悪送球、適時失策となった。

さらに一死二、三塁となったところで、重信の遊撃へのゴロを前進守備の木浪が捕れず、これも適時失策に。その後、二死満塁から大城に2点適時打を浴び、試合が決まってしまった。

矢野監督は馬場の失策については「いいボールを投げなあかん。状況判断、タイミングが合わなくて慌てて投げたのかな」と指摘したが、木浪については「勝負せなしょうがないから。チャレンジして、あれでしかアウトにならない。勝負した結果なので仕方ない」と責めなかった。

ただ、木浪は失策直後に二塁に移され、遊撃には7月30日のヤクルト戦の七回に3度打球をはじいて(記録は2失策+内野安打)藤浪が崩れるきっかけを作った北條が入った。「仕方がない」と言いながら、遊撃での守備率が.935と低い北條に交代させたのでは、同じようなケースで木浪が打球に突っ込んでいけるのか、疑問が残る采配となった。

阪神はこれで今季29失策。昨年に続き、セ・リーグトップを独走している。

文・写真/BBNEWS編集部

◆木浪聖也
背番号 0
カナ キナミ・セイヤ
出身校 亜大
誕生日 1994年6月15日
年齢 26
血液型 O
身長 179
体重 81
所属履歴 青森山田―亜大―ホンダ
キャリア 2年
投打 右左
ドラフト年度 18
ドラフト順位 3
公式戦初出場 19年3月29日ヤクルト=京セラ
年俸 2200万円
昨季年俸 1000万円
家族 既婚

関連記事