阪神またコロナ陽性 スタッフ1人

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神

阪神は29日、一軍チームスタッフ1人が新たに新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。今回の集団感染では、浜地、岩貞、陽川、糸原、馬場の5選手とスタッフ2人がすでに陽性判定を受けており、8人目となる。

球団によると、このスタッフは29日朝に発熱やのどの違和感、関節痛の症状が出たため、西宮市内の病院で核酸増幅法による検査を受けたところ、「陽性」だった。27日までの神宮遠征に帯同し、28日に甲子園に移動、投手練習に参加していたが、保健所からは濃厚接触者に該当する関係者はいないと判定されたという。

このため、29日の中日戦は予定通り開催する方針だ。

ただ、25日に判明した集団感染の際には「陰性」で、濃厚接触者でもなかったスタッフが「陽性」となった事で、さらなる感染者が出る可能性も否定できなくなった。今回のコロナ禍でチームは濃厚接触者を含め10選手が抹消されており、危機的な状況。

これ以上の感染拡大は避けたいところだが、阪神ベンチは25~27日のヤクルト戦でも「密」な円陣を組んでいた。NPBガイドラインは「試合前やイニング間の円陣、その際の声出しは可能な限り選手同士の間隔をとり、最短時間で済ませる」ことを求めている。これを見る限り、集団感染を引き起こしたにもかかわらず、感染拡大を予防しようという意識は相変わらず低そうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事