阪神の四番大山が犠打失敗も決勝適時二塁打「正直…」

阪神 広島

◆阪神1-0広島◆
阪神の四番・大山が送りバントの失敗を取り返す適時二塁打を放ち、阪神が広島に3連勝、貯金1とした。

阪神・高橋遥と、広島・床田の緊迫した投手戦の中、両軍無得点で迎えた七回裏の攻撃、先頭打者の糸井が安打で出塁すると、「今日はどうしても勝ちたかった」という矢野監督は大山に今季初の送りバントのサインを出した。

だが、大山は2球連続でファウル。ここでヒッティングに切り替え、カウント3-2からの6球目を左中間にはじき返し、スタートを切っていた糸井が決勝のホームを踏んだ。これには犠打失敗の際には苦虫をかみつぶしたような顔をしていた矢野監督も、犠打のサインを忘れたかのような笑顔で“矢野ガッツ”を繰り出した。

お立ち台に立った大山は「バント失敗で引きずる場面だったと思いますが、引きずってもしょうがないんで何とかしてやるという気持ちで打ちました。正直、うれしかったです!」と笑顔を見せた。一方、矢野監督はバントのサインについて「悠輔(大山)には大事なところではバント出すよと伝えてあったんで、ビックリすることじゃない」と説明したうえで「よく取り返してくれました。バント(のサインを)出された悔しさとか、失敗した後なんとかしてやろうという気持ちがああいう風につながったと思う」と1打席中に汚名返上した主砲を評価した。

関連記事