阪神に快勝の巨人・原監督「この勢いをもって明日に」

巨人 阪神

◆巨人5-2阪神◆
投打がかみ合って阪神に快勝した巨人・原監督は試合後、初回の丸・岡本の連続本塁打には「見事ですね」、八回途中1失点の先発山口には「ナイスピッチング」と称えた。

【勝利監督インタビュー】
――もつれたが最後は田口がしっかり締めた
「簡単にはいきませんねえ」

――デラロサにも緊張があった?
「うーん、今日はスライダーの精度が全くなかったですね。ボールそのものは走ってたと思うんですけど、まあまあ、なんと言うんでしょう、いい薬になるでしょう」

――勢いに乗る阪神、大事な初戦をモノにした
「そうですね。まあ、初回、二回といい攻撃ができたという事で、少し流れは止まったような感じはしましたけどね。でもやっぱりあともう1点というのがね、なかなか取れなかったというところが、こういうゲーム展開になったんでしょうね」

――初回、丸・岡本のホームランはダブルプレーの後だった
「いやいやいや、見事ですね。初回の2点も次の3点取ったイニングも非常に大きかったですね。2アウトからよく点が入るんだけどノーアウトから入らないんだよねぇ、へっへっへ」

――一番から四番の主軸に打点が付いた
「大きいと思いますね。打ちの中心選手ですから、久々のゲームでしたけどね、今日勝ったというところが、勝利が付いたというところが非常によかったところだと思いますね」

――投手陣では山口
「粘り強くね、慎重に投げてね、ナイスピッチングだったと思います」

――交代機はボールのキレを見て?
「そうですね。七回先頭打者だったんですけど、やっぱりもう少し、まだボールが走っているという中でマウンドに上げました」

――これでアドバンテージ含めて2勝
「アドバンテージの事は考えてないんですけど、初戦を取れたというね、この勢いをもって明日に向かうというところだけですね」

関連記事