阪神と契約のサンズ「同僚だったジョンソン投手から…」

ニュース

阪神は今季韓国プロ野球(KBO)のキウム・ヒーローズでプレーしたジェリー・サンズ外野手と来季の契約を結んだと発表した。推定年俸は110万ドル(約1億2000万円)の1年契約。

サンズは今季、139試合に出場して打率.305、28本塁打113打点の成績でKBOの打点王に輝いた。今季の得点数が538点と12球団最低に終わった阪神の得点力不足を解消する働きが期待される。

サンズは球団を通じ「阪神タイガースとの契約が完了し嬉しく思っています。米国のマイナーで同僚だったジョンソン投手から阪神タイガースで素晴らしい時を過ごしたと聞いていました。来季、優勝するためには得点力を上げることが必要だと聞きましたので、打点を稼いで貢献したいです。外野と一塁を守っていたので、チームから求められたポジションでベストを尽くします。阪神タイガースのファンの方々の熱狂的な応援は既に映像で確認しており、今から阪神タイガースのユニフォームを着てプレーをすることに気持ちが高ぶっています」とコメントした。

文/BBNEWS編集部 写真/キウム公式HPより