阪神が中継ぎにガルシア投入の執念リレーで快勝、矢野監督「後がないんで」

ニュース

◆阪神3-0DeNA◆
阪神が6投手による0封勝利で、CS進出争いに踏みとどまった。

四回、二死一塁の場面で無失点投球の先発・望月を早々にスイッチ。ベテラン・能見を投入した。五回には初のリリーフ登板となるガルシアを投入。六回には岩崎、七、八回には島本、ドリスと、自慢の中継ぎ陣を惜しげもなくつぎ込み、九回は守護神・藤川が締めた。

矢野監督は試合後「もう後がないんで、行けるだけ行くっていう気持ちで行った」とCS進出に向けた“執念の継投”だったという意図を説明。初リリーフで4勝目を挙げたガルシアについては「間隔も空いてるんで、中継ぎで初めて投げるっていうところはちょっと不安もありましたけど、しっかり投げてくれて助かりました」と安どの表情を見せた。

関連記事