阪神「いい形」の逆転劇で貯金15

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 中日

◆阪神2-1中日◆
阪神が終盤の鮮やかな逆転劇で引き分けをはさみ3連勝、貯金を今季最多の15に増やした。

阪神・秋山と中日・ロドリゲスの投手戦。得点は二回の木下拓の4号ソロによる1点のみで終盤に入った。阪神が動いたのは七回。二死から秋山の代打・原口が四球を選ぶと、切り札・熊谷を迷わず投入。熊谷は次の初球に盗塁を決めると、近本の中前打で同点のホームを踏んだ。

こうなると流れは阪神。八回には二死からサンズが左中間スタンドに勝ち越し9号ソロを放ち、試合を決めた。

矢野監督は試合後、七回の同点の場面を「フミ(原口)の四球からでしたけど、タカヒロ(熊谷)もよく走ってくれたし、チカ(近本)もタイムリー打って。なかなか(ロドリゲスの)調子も良かったんでね、崩せなかったですけど、いい形で取れました」と振り返り、決勝弾のサンズは「ホームラン打ってくれという気持ちでベンチも送り出してましたし、そういう後押しもあって最高のホームランになりました」と讃えた。

これで2位・巨人との差を3.5に広げて14日からの直接対決に臨む。「こういういい形で取れて東京ドームに行ける。全員の気持ちを高めながら、タイガースの野球、超積極的・諦めない・全員で戦うっていう野球を東京ドームでもやっていきます」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事