阪神、足で同点&2走塁死…「うちらしい」矢野監督

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 中日

◆阪神4-4中日◆
阪神が終盤に足攻で追いついたが、九回のサヨナラ機に2走塁死。良くも悪くも「らしさ」を見せて引き分けた。

1点を追う七回、二死から原口が安打で出塁すると、代走・熊谷が初球に走り得点圏へ。近本が四球で歩き、二死一、二塁から糸原が右前打。中日は前進守備を敷いていたが、熊谷は本塁へ突入、同点のホームインとなった。


一方、同点で迎えた九回は先頭の梅野が安打で出塁すると代走・植田が送られた。植田は次打者・中野の2球目にスチール、与田監督がリクエストする際どいプレーとなったが、なんとか成功させて無死二塁に。だが、中野の捕手前へのバントで三塁に走ってタッチアウト。一死一塁から今度は中野が盗塁を成功させたが、代打・糸井の二直に飛び出して併殺、サヨナラ機を潰してしまった。

矢野監督は試合後、七回の同点劇には「タカヒロ(熊谷)の走塁は素晴らしかったし、その前に二死からフミ(原口)が出て、二死無走者からの得点になった。フミが出てタカヒロが走って、何とかケント(糸原)がかえすというね。うちらしい野球」と評価した。

ただ、九回の拙攻の主役・中野には「バントを決めていたら内野が前に来るわけやから、ヨシオ(糸井)のあれ(二直)が、タイムリーになっていた。あそこで飛び出すというのも、どうしてもホームに返りたいという意識が強い中でも、戻れるというのが高いレベル。そういうのは勉強やと思う」とおかんむりだった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事