阪神継投ミス、7点守れず 矢野監督「取られ方が…」目は虚ろ

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 DeNA

◆DeNA7-7阪神◆
大量リードに安心しきっていたのか…。阪神が7点リードから一挙に追いつかれるまずい継投で痛恨の引き分けを演じた。

初回に大山のプロ初満塁弾で4点、三回には大山の2打席連続17号2ランで2点、五回にはサンズのソロで1点。7点をリードする展開から、六回裏に一挙同点に追いつかれた。


先発ガルシアが六回に突如の乱調。2者連続四球からソトに適時二塁打、続く佐野に3ランを浴びてあっという間に4失点。宮崎と倉本にも連打を許し、ここで2番手・能見を投入したが、一死二、三塁から中井に適時打を打たれ、神里に死球で降板。

3番手・岩貞も一死満塁から梶谷の打席でパスボールで1点差に迫られると、大和に適時中前打で同点とされた。

矢野監督は試合後、「ブルペンには申し訳ないよね。取られ方があまりにも悪い。ボール、ボールで、(ストライクを)取りにいってドンっていうね。あの後いくピッチャーも大変やし」と、ガルシアを敗因に挙げた。

ただ、ガルシアも能見も、ともに打たれだすと止まらない悪癖がある投手。ガルシアが五回まで無失点で安定していた点は気の毒ではあるが、2番手にピンチに強いとは言えない能見を送った人選には疑問符が付く。

勝ちパターンの投手を出し惜しんだことで、岩貞とスアレスに回またぎをさせ、岩崎も投入し、勝ちを逃すことになった。最悪の結果と言っていい。

大事な場面で捕逸を記録した坂本の起用を含め、采配が裏目と出てしまったことで、同点劇以降は虚ろな目になっていた。前日の巨人戦の敗戦に続く痛い引き分け。矢野監督自身は前日、V逸宣言したうえで「ここからどういう姿勢を見せていくのかっていうのがボクらの課題」と語っていたが、まだペナント半ば。諦めるには早過ぎるだろう。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事